うつわ

| | コメント(0)

先日、ようやく21_21 DESIGN SIGHTの「うつわU-Tsu-Wa」に行ってきました。雑誌などで拝見していたルーシー・リィーさんの作品を間近にみられるとあって楽しみにしていたのです。
全体のディレクションを三宅一生氏が行い、会場構成を安藤忠雄氏という贅沢な内容でした。清涼感のある水面に作品が浮いているように配置され、ガラスなどのさえぎるものがない展示空間がたいへん心地よく感じられ、作品そのものもいっそう引き立って見えてくるようでした。
警備の関係もあるのでしょうが、よくをいえばもう少しだけ作品を近くから眺められればといったところです。
ルーシー・リィーさんの作品は、評判通り、とても美しく、陶磁器の質感、縞の文様などは人間の手仕事の大切さをあらためて考えさせられる優れたもので、自分のものにしたい、いつまでも見ていたいとも思わせる魅力がありました。
また、こちらはガラスケースに入っていましたが、初期のボタンの作品もかわいらしく生活の中にある芸術の力を体感しました。

会場をあとにしようと階段をのぼっているとどこかで見た方...と通りすぎ、ふりかえって「三宅一生氏」とじーっと見てしまいました。スタッフの方に聞くとたびたび会場を訪れているとのこと。写真のままのいでたちでりんとした存在感がありました。

コメントする