大豆よりお米。印刷で地産地消

| | コメント(0)

先日、いつもお世話になっているツバルの森さんに同行させていただき、エコな印刷に取り組んでいるサンエー印刷さんの工場へ見学に行ってきました。

以前、ハイデルベルグさんの工場(兼ショールーム)に行ったときと負けず劣らず整理整頓が行き届いたすばらしい設備でした。

徹底したセキュリティ管理の中での製本加工や全量検査を行うサービスもさることながら、今まで聞いたことがなかったライスインキに興味を持っていました。

環境にやさしいということで、少し前までは大豆油インキが注目されていましたが、サンエー印刷さんでは、インキメーカーと協力してライスインキという米ぬか油を使用した印刷を行っているとのこと。

大豆の多くが海外からの輸入にたよっていることを考えると、国内で多く生産されている米ぬか油はフットプリントの軽減にも貢献し、植物油ということで環境にもやさしく、欠点の少ない方法だと実感しました。

大豆と異なり食用部分以外の米ぬかを使用するという点で、食糧問題にも配慮しています。

唯一の欠点としては、インキの価格がまだまだ一般のものと比べると割高とのことで他の印刷会社さんにも以下のコンソーシアムで啓蒙をして広めていきたいそうです。
ライスインキ・コンソーシアム

最近自宅でホームベーカリーを用いて米粉パンならぬ、ごはんでパンという強力粉にご飯を加えたパンを作っているのですが(おいしいです!)、お米がいろいろなところで活躍する機会が増えたらいいなあと思いました。


コメントする