Graphic制作

JAGDA「やさしいハンカチ展」に参加いたしました。

JAGDA会員が制作したハンカチを展示するとともに販売をいたします。
お客様が1枚のハンカチを購入するごとに、
同じデザインのハンカチが「被災地のこどもたち」に届けられます。

日本橋高島屋での展示(作品145点)

名称:「JAGDA東北復興支援チャリティ やさしいハンカチ展」
期間:11月10日(木)〜11月22日(火)10:00-20:00
会場:日本橋高島屋 8F特設会場

デザインハブ展(作品586点)

名称:「JAGDA東北復興支援チャリティ やさしいハンカチ展」
期間:11月18日(金)〜12月25日(日)11:00-19:00
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ

これまでに大阪、台北、札幌で開催。長岡、仙台でも開催されるそうです。

特設ウェブサイト

No.063 満島 弘

JAGDA会員365人による、2010年版の日めくりカレンダー制作プロジェクト。

今からちょうど一年後の2010年10月18日を担当いたしました。
時間の連続性と今日がめくられて過去になり明日が現れるという時間の断続性とをフォトグラファー本田犬友さんの写真を用いて表現しています。

印刷にはワイドカラーの4色、用紙には風合いのあるNBリサイクルGAのホワイト110kgを使用しています。
ハローサンロクゴ
October 18, 2010※ウェブ上では1年後に画像を公開

著名な方々も多数参加しているプロジェクトなので
印刷好きはもちろんそうでない方にも楽しんでいただける日めくりカレンダーになっております。
今年の10月26日には発売なのでお手にとっていただけると幸いです。
今なら予約価格で多少お安くなっているようです。
365日、365人、365枚の作品カレンダー

先日、いつもお世話になっているツバルの森さんに同行させていただき、エコな印刷に取り組んでいるサンエー印刷さんの工場へ見学に行ってきました。

以前、ハイデルベルグさんの工場(兼ショールーム)に行ったときと負けず劣らず整理整頓が行き届いたすばらしい設備でした。

徹底したセキュリティ管理の中での製本加工や全量検査を行うサービスもさることながら、今まで聞いたことがなかったライスインキに興味を持っていました。

環境にやさしいということで、少し前までは大豆油インキが注目されていましたが、サンエー印刷さんでは、インキメーカーと協力してライスインキという米ぬか油を使用した印刷を行っているとのこと。

大豆の多くが海外からの輸入にたよっていることを考えると、国内で多く生産されている米ぬか油はフットプリントの軽減にも貢献し、植物油ということで環境にもやさしく、欠点の少ない方法だと実感しました。

大豆と異なり食用部分以外の米ぬかを使用するという点で、食糧問題にも配慮しています。

唯一の欠点としては、インキの価格がまだまだ一般のものと比べると割高とのことで他の印刷会社さんにも以下のコンソーシアムで啓蒙をして広めていきたいそうです。
ライスインキ・コンソーシアム

最近自宅でホームベーカリーを用いて米粉パンならぬ、ごはんでパンという強力粉にご飯を加えたパンを作っているのですが(おいしいです!)、お米がいろいろなところで活躍する機会が増えたらいいなあと思いました。


JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)の第14回企画展「GIFT 〜未来へ託すデザインリボン」に参加しました。
第14回企画展:「GIFT 〜未来へ託すデザインリボン」

明日12月12日(金)から2月1日(日)まで、東京ミッドタウンのデザインハブという所で開催しています。
地図

ミッドタウンにご用の際には、お立ち寄りいただけると幸いです。
紙とは異なるやわらかい独特の光沢感を持つリボン、今後機会があれば仕事でも手がけてみたいと思いました。


以下、企画展概要です。

クリスマス、お正月、バレンタインデーといったギフトシーズンにあわせ、日本グラフィックデザイナー協会の会員デザイナーがデザインしたオリジナルのリボンを展示。愛するパートナーや子どもたちへ、美しい日本や地球へ。ひとり一人の想いを込めたリボンを、未来へ託す気持ちでデザインします。

デジクリで紹介されていたPDFファイルのフォント埋め込みチェッカー(サイト)です。

PDFフォント○×チェッカー
http://pdf.printjapan.com/

クライアントに提出するPDFファイルの見栄えの確認、印刷データの入稿チェックに使えそうです。